昇龍大観音は、私の導き手



昇龍大観音様!
近所の観音様で香山の頂上にそびえ立つ巨大な観音様です。
高校生のときに、家庭のことや学校のことや勉強のことなどで悩んでいるときに、神頼みをしておりました。
その頃は、カトリックは抜けていて、あんなに宗教にはお世話にならないと思っていたのに、宗教書を読み漁っておりました。

キリスト教は、痛い目にあってしまったので、仏教の方の書物を読み漁っていたのを覚えています。

百聞は一見に如かずとは言いますが、私は、いろんな書物を読みましたが、この神秘体験はかなり衝撃的でした。

【福岡県朝倉市】香山昇龍大観音ドローン映像

ある経文を読んだとき(神道系です)窓の外に、この観音様が出てきたんです。
右手に珠を持ち、左側には龍がいました。おとなしくその観音様の龍なんだなってすぐ分かる形です。下で時々動きます。
その観音様を見た時、胸のあたりからこみ上げるように感動の涙が流れて、しばらく、泣きました。

その時の感情は、懐かしいという感情でした。
悩んで、苦しんで、自殺したいと思っていた時に、この観音様があらわれて、無言で私を優しいまなざしでただじっと見守ってくれていたのです。
言葉は全くありません。
ただ、ただ、優しく私を癒すように見守ってくれていただけです。

その日から、霊感体質だった私の見方が変わりました。
明らかにね!
それまで見ていたのが、自分の心の暗い部分から発せられるものしか見ていなかったのが、こんな神々しい(後光半端なかったです)観音様を見てしまってから今まで見ていた者の態度が一変しました。

それまでは、死ねば楽になる・・・?!
等の死ぬための甘い言葉・・・をかけられていたのに、この観音様を見た後は、おまえは、邪魔な存在だというふうに変わっていきました。
それまで、自殺を促して、他の人を悪く思う方向にいろんなことを言っていた幻聴のものたちは、私が、生きていることを否定し、このようなまがい物を見たということを言ってきました。

その頃から、幸福の科学の本を読んでいて、あの世があり、霊的に見えるものが自分の心が引き寄せているものだということを知識として入れていただきました。

これが、救いとなりました。

この観音様が機縁となったことは否めないですね。
そのような迷いの中で、ある朝テレビをつけたら、この観音様の元でテレビ中継をしていて、そこにたまたま出ていたインタビューに答えていた高校生がおりました。
その人をインタビューうけていた人が、高校生に見えない・・・と言っていた一言を鮮明に覚えていて・・・

その人が、今の私の旦那になってます。

この観音様の住職さんは、あるところで知り合いになり、そこの奥さんには、いろんな悩み事を聞いていただき、ご夫婦ともにとても良い方です。

この最初の観音様を見た時は、私が高校生の時でした。
縁ってどうなってるか分からないものですね。
このように、テレビやネットで世界中がつながっている時代ですから、このようなことも起こりうることがあるかと最近感じています。
今から三十数年前の話ですね。

人生は、計画されている。
自分で人生を決めて生まれてくる。
そのことは、幸福の科学で高校生の時から聞いてきたことでした。
統合失調症だった私は、結婚できるとは全く思っていませんでした。
一生、病院に世話になって生きていくのが私の生き方だと思っていた時期があります。

でも、このような神秘体験とこの龍神様に導かれたこの地!
私が、統合失調症のあの症状から解放されたこと。
そして、私がこの家に入って受け入れていただいたこと!
すべては、導かれて、救われた経緯だったことを今感謝せずにはいられません!

この観音様がひとつの機縁になってくれていたんだなって今つくづく思っています。

ここの観音様の特徴は、龍神様って昇り龍が多いと思うんですが、この昇龍大観音は、降り龍と昇り龍が一体になっていることです。
私の体験では、昇り龍はもちろん上昇を意味して縁起のいいものなのかもしれませんが、私を助けてくださったのは、降り龍かなって思うんです。
昇るだけではなく、衆生を救ってくださる降り龍がこの昇龍大観音様にはあると思います。

私の心の不安を聞いてくださったというのが、今の私の思いです。
そして、この観音様のおひざ元で生活できていることに本当に感謝します。

この三十数年間、偶然で起こってきたと思うことが、すべてつながったこと!
この龍神観音様が、私の学生時から見守ってくださったこと。
そして、この地に嫁いで受け入れていただいたこと。
そのテレビ報道を見たのは、他県でした。
私の父は、転勤族であちこち移動していたので、だんなが出てきたテレビ画像は、他県で見ていました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする